住宅ローンに行き詰まったら任意売却専門の不動産業者に相談しよう

SITEMAP

家のミニチュア

任意売却では引っ越し代が認められる可能性あり

両手

行き詰まった住宅ローンを任意売却で解決しようとする場合、購入希望者が見つかり取引が成立しても手続きがまだ終わりではありません。物件売却が完全に成立するためには、居住者が引っ越しをして物件を引き渡す必要があります。任意売却における居住者とは住宅ローンの債務者本人なので、売却した本人とその家族が引っ越しなければ、いつまでたっても任意売却は中途半端な状態です。
ここで問題になるのが引っ越しのための費用です。任意売却で引っ越しを迫られているのは住宅ローンの返済に行き詰まった債務者とその家族です。借金を抱えている状態ですから当然金銭的な余裕はなく、場合によっては引っ越したい金が工面できないこともあります。引っ越さなければいけない事情はわかっていても、先立つものがなければ身動きが取れません。自宅から見ればわずかとも言える引っ越し代が工面できないばかりに、任意売却が失敗でもすれば大問題です。
そのような事態を防ぐために、任意売却では債権者が債務者に対し、取り分として引っ越し代相当の金額を認めてくれる慣習があります。あくまでも善意に基づく慣習なので絶対ではありませんが、引っ越し代の工面に苦労する場合は、仲介役である任意売却専門の不動産会社へ相談しましょう。

任意売却は債権者の同意を得るのが条件

住宅ローン返済ができなくなってしまったときに、金融機関側は焦げ付いている融資金の回収をするために、競売によって不動産の売却を図るのが一般的です。しかし、競売による不動産の売却においては、通常の不動産の取引のように売主と買主が一対一で取引を進めていくのではなく、入札形式となっているため、通常の不動産取引の何割か差し引いた金額で取引が行われるのが普通です。
しかし、任意売却専門の不動産会社へ相談をしたうえで債権者である金融機関側と交渉を行い、その同意を得ることができれば、競売よりも高値で不動産の売却ができる任意売却をすることも可能です。任意売却をすることによって、競売よりも高値で不動産の売却ができれば、その分だけ焦げ付いている住宅ローンの残債を回収することができるからです。
そのため、たとえ住宅ローンの返済が続けられない状況となってしまったとしても、必ずしも競売が行われるわけではありません。競売と任意売却のどちらが債務者にとって、より有利な不動産の売却方法となるかはあくまでも個々のケース次第ではありますが、任意売却が有利に不動産を売却できる方法だと感じられるときには、任意売却専門の不動産会社へ相談をして、どのような段取りで手続きを進めていけばいいのか判断を仰ぐようにしましょう。

自分の意志で不動産を手放すことができる任意売却

任意売却とは、借金や住宅ローンの返済をこれ以上継続して行えない状況にまで追い詰められ、担保となっている不動産が裁判所の介入によって競売に掛けられそうな場合に、少しでも該当する不動産を高値で売却する方法として用いられる手段です。
借金や住宅ローンの返済が続けられなくなったときには、融資を行った側は当然のことながら、借金のカタとなっている不動産を売却して、融資金として貸し出した現金の回収に乗り出すことになりますが、その際に競売というかたちで不動産の売却が行われてしまうと、多くの場合、通常の不動産の売却時とは異なって自分の意志とは全く関係なく手続きが進んでいってしまうことになります。また、競売物件の購入というものはさまざまなリスクもあるため、そのようなリスクを考慮すると、あまり高値ではその物件に手を出しにくいという買い手側の心理もあり、市場価格よりも安値で取引が行われるのが一般的です。
それに対して任意売却では、条件を満たすことができれば通常の不動産の売却のように自分の意志で不動産の売却ができるため、競売と比べるとより市場価格に近い価格で不動産の売却ができるというメリットがあります。借金や住宅ローンの返済が続けられないというときには、担保となっている不動産を競売によって売却される前に、任意売却専門の不動産会社へ相談をして早めに手を打っておくことが重要です。

choices

article menu

update information

»post list

Copyright © 2019 住宅ローンに行き詰まったら任意売却専門の不動産業者に相談しよう All Rights Reserved.