マナーを守って適切なプレゼントを選ぼう

喜ばれる品の選び方

内祝い

割れ物はNG

結婚内祝いなので、割れて壊れるというように別れを連想させる品は贈らないことです。刃物も同じような理由でタブーなので、相手が料理好きだからと包丁を贈るのはよしましょう。

お菓子を贈る時は偶数に気を付ける

詰め合わせされているお菓子を贈る場合は、なるべく偶数にすることが重要です。お祝儀にも言えることですが、2で割れると別れをイメージさせてしまうため、お菓子の詰め合わせは偶数を避けるのが一般的です。

相手の好みに合わせて選ぶ

近年は通販サイトでまとめ買いができるため、手間をかけないために同じものを購入し、贈ることが良くあります。しかし、マナーとしては結婚内祝いを頂いた人に合わせて選ぶのが普通です。

相手にも事情がある

無料で赤ちゃんや結婚式の写真を添えることもできますが、お返しする相手に何か事情がある場合は配慮しましょう。例えば赤ちゃんなら自分たちの子の写真を入れると、相手が中々授かれない理由で精神的に参っている場合があるので良くありません。それを踏まえてギフトを考えることも大切です。

選び方のポイント

美味しくいただけるものを選ぶ

家族が多い家庭なら皆で食べられるお米やお菓子が良いでしょう。結婚内祝いのために作られたお米のギフトは、良縁米や六分咲きというように様々な意味が込められています。中には、佃煮や炊き込みご飯など、味のついたご飯もあり、最後まで美味しくいただけたと好評です。

実用性があるもの

お米やお菓子といった消耗品も喜ばれますが、実用性があるタオルやキッチン用品(包丁除く)も喜ばれるアイテムの一つです。中にはすぐに使えるものを好む傾向にあるため、思い出を残す意味でもOKでしょう。お菓子を食べるような人でなければ、こちらの方が良いですね。

金券という手もあり

結婚内祝いに躓いた場合は、金券を贈り好きなものを購入してくださいという意味を込めても良さそうです。贈る側も、金額の設定がしやすいため多くが選択肢に挙げています。

カタログを使おう

最近は物を贈るというよりも、カタログを送付しその中から好きなものを選ぶ方法も人気があります。また、カタログの中にもお米やお菓子、日用雑貨が多く掲載されているので贈られた側もワクワクしながら選べます。