あるデータで判明した結婚内祝いの渡し方を教えます

手渡しと郵送

ギフト

まとめて郵送

お祝いを頂いた相手が遠くに住んでいたり、毎日の育児や仕事で忙しい場合多くの人は郵送で送るとの回答をしました。新郎新婦ともに働いているなら尚更郵送の方が現実的でしょう。

手渡しで渡す

贈ってくれた相手に会いたい、あるいは直接お礼が言いたい場合は手渡しが印象もよくなります。結婚内祝いを手渡しするなら、結婚式に出席できなかった相手に式での様子を話す機会にも恵まれるでしょう。また、配送料がかからないため節約に繋がるというメリットもあります。

割合的には郵送の方が多い

全体で調査したところ、手渡すは30パーセントほどで郵送は全体の半数以上である70%に到達したことがわかりました。直接渡すとなれば相手に時間を作らせなければならないため、負担軽減のためでもあります。

注文の仕方

大量に注文したい場合

結婚内祝い専門サイトで注文する場合、シートをダウンロードし印刷する必要があります。その後にパソコンから必要な個数と商品の詳細を記入して相手に情報を伝えます。

手書きでも注文可能

パソコン操作が苦手なら手書きで必要事項を書いた後ファックスで送ることができます。他のサイトだと、電話でも注文を受け付けているようです。やりやすい方を使い、正確に注文しましょう。

お届け先の記入をする

遠方に住む親戚や友人に贈るためには、それぞれ住所を記入する必要があります。サイトからダウンロードした紙に記載する項目があるので間違いのないよう記入してください。

細かい情報を入力していく

商品名や相手に贈る目的、手渡しに必要な紙袋の枚数などの細かい記入は漏れのないよう気を付けましょう。のしの書き方や結婚内祝いを贈る相手へのメッセージもこの時に入力します。

最後にミスがないかチェック!

特に遠くにいる相手へ贈る場合、宛先が間違っていると相手に届きません。お菓子や生ものだと鮮度が落ちる可能性があるため、ミスがないか念入りにチェックしましょう。